米御殿 新潟の米通販/魚沼産コシヒカリ

米御殿のおはなし

トップページ >> 米御殿のおはなし >> お米とぎ汁洗顔

お米とぎ汁洗顔

お米とぎ汁洗顔
お米のとぎ汁で美肌になる!
~研ぎ汁、捨てるべからず~
お米のとぎ汁を使って洗顔すると、とぎ汁の中に含まれる微少なお米の粒が、表皮の古い角質や皮脂を洗い流してくれるのです。
スクラブ効果です。
肌のターンオーバーが促進され、皮膚の奧に出来てしまったメラニン色素を含んだ 細胞を徐々に消滅させていくことができるんです。
シミの元を徐々に消滅させるのでシミに効果が期待できます。
しみ・そばかすの無い美しい肌を取り戻す事が出来るようです。

他に効能は、ビタミンB1やB2、ビタミンE、スクワランやセラミドなどといった、俗に美肌成分と呼ばれる肌トラブルに効果がある成分も溶けています。
お米のとぎ汁で洗った瞬間、ツルツル、しっとり 実感できます!
セラミド入りの化粧品よりも、お金をかけない美容法、ぜひともお試しください。
お米のとぎ汁は2回目のものをご使用ください。
ぬるま湯で2倍程度(お好み)に薄めます。原液ではちょっと濃いですね。
クレンジング、洗顔後に薄めた米のとぎ汁でパシャパシャと洗顔します。
イメージとしては洗顔後のリンスのような感じとして使います。

注意:米のとぎ汁は、残念ながら日持ちしません。
常温で半日も置けば腐ってしまいます。においが発生します。
もし時間をおく場合は、ペットボトル等に入れ、
冷蔵庫で保管して1日以内に使い切ってください。
また、無洗米はぬかが無いため、洗顔には適しません。
必ず、普通のお米のとぎ汁を使用してください。

美白効果も嬉しいですね。
お米を使った化粧品もあるし、お酒を醸造していらっしゃる方々の肌は色白なんです。
シミが気になったら、高い化粧品を買う前に節約洗顔で頑張ってみるのも良いですね。

お米とぎ汁洗顔の方法
米とぎ汁洗顔の前にメイクは落として、洗顔もしておきます。
1.お米をといだ2番汁を使います。お湯を足すなどして、人肌程度 のとぎ汁を使う。
2.とぎ汁をよく混ぜて、手のひらですくって顔全体の汚れをサッと 落とすようにパシャパシャと 洗います。
3.両手のひらにとぎ汁をすくい、顔全体を優しく包みこむようにし て10回程軽くマッサージします。
小鳥をなでるような感じです。
4.あごから頬、頬から額へと、上に向かって軽く押し上げます。上 がれ~と念じてするといいですね。
これも10回程しましょう。
5.口の周りを下から上に5回程なで上げます。とにかく優しく、これ 重要です。
6.ここからシミケアです。中指と人差し指を使って、気になるシミ の部分を輪郭にそって優しくなでます。
7.仕上げは、水またはぬるま湯ですすぎます。これで完了!
継続が何より大切ですが、米とぎ汁洗顔は初めてからすぐに、保湿効果は体感できますよ。
洗った瞬間、
ツルツル、しっとり 実感できます!

飲んでも良し!?

飲んでも良し!?
 お米のとぎ汁に「グルコシルセラミド」という成分があり、それを経口摂取、つまり飲んだ場合と、飲まなかった場合の比較研究をやったそうです。
その結果、グルコシルセラミドを飲んだ場合は肌のキメを改善させる、角質層水分量が保たれ、経皮水分蒸散量が抑制され、バリア機能の向上が認められ、皮膚保湿効果が示されたそうです。
洗うだけでなく、米のとぎ汁は飲んでも効くんです!お肌の水分量にすごく効果的とわかっていても飲むには少し勇気がいりそうですね・・・
米の研ぎ汁をバケツなどに汲んでおき、
お料理中でのちょっとした手洗いに使ってみてもエコになるし、手もスベスベしていいですよ。

おはなし一覧